はじめに

はじめまして。KLabで演出を担当している、まぎーたです。

主にゲーム内の新イベントなどのプロモーション映像制作を担当しています。
Adobe After Effectsを主に使用し、基本的には30秒以内の映像尺で日本語版の制作を行い、
サービスを行っているすべての言語に翻訳され配信されています。

今回は映像内に記述されるテロップを3Dで制作し、なおかつ簡単に他の言語にも
簡易的に対応する手法をご紹介します。

エクスプレッションを使用した3Dテキストの作り方

プロモーション映像にテロップ演出はつきものです。
視聴者に伝えたい情報を目を引く形で記載する必要があります。

フォント選びでしたり、炎や雷などの演出を加えるなど、やりかたは様々です。

私の担当しているプロモーション映像は様々な国で翻訳、配信がされる前提のもので
短い期間で他言語版へのローカライズ制作が可能なテロップデザインが求められます。

今回は、そういったテロップデザインの中からAdobe After Effectsの
エクスプレッション機能を用いた、3Dテキストの作り方をご紹介します。

ポイントとしてはAfter Effectsの基本機能だけで実現でき、
サードパーティプラグインに頼らない点です。

1.テキストを用意する

まずは記載したい文章を用意します。
テキストレイヤーでも、Photoshopでpngの画像として制作しても大丈夫です。
ゴージャス感を出すために金色で。
image7

2.テキストを用意する

①テキストを作業コンポジションに配置し、プリコンポーズしてコピーします。
 コピー元の名前は【全言語対応の3D文字を作ろう!】とし、
 コピー先とコピー元を分かりやすく【_メイン】【_コピー】と
 レイヤー名をリネームしました。

②ヌルオブジェクトを作成し、名前を【control】とします。
 このレイヤーで3Dテキストの管理を行います。

③それぞれのレイヤーの【3Dレイヤー】【モーションブラー】スイッチをオンにします。
image8

3.コントロール項目の作成

①【control】レイヤーに、
 エフェクト⇒エクスプレッション制御⇒スライダー制御を適用し、
 名前を【遠近】にリネームし、数値はとりあえず2としておきます。

②【control】レイヤーに、
 エフェクト⇒エクスプレッション制御⇒カラー制御を適用します。
 色は今回黒系の暗い色に設定しました。

【遠近】が3DテキストのZ軸のふくらみ
【カラー制御】がふくらみ部分の色となります。
image1

4.エクスプレッションの適用

①コピーしたテキストコンポジションに【塗り】を適用
・エフェクト⇒塗り を適用
・カラーのストップウォッチを【Alt+左クリック】しエクスプレッションを開く
・以下のエクスプレッションを記載
 thisComp.layer("control").effect("カラー制御")("カラー")
 ピックウィップで【control】のeffect("カラー制御")("カラー")を参照しても大丈夫です。

②位置パラメータにエクスプレッションを打つ
・位置のストップウォッチを【Alt+左クリック】しエクスプレッションを開く
・以下のエクスプレッションを記載

x= thisComp.layer(thisLayer, -1).transform.position[0];
y= thisComp.layer(thisLayer, -1).transform.position[1];
z=thisComp.layer(thisLayer,-1).transform.position[2]
+thisComp.layer("control").effect("遠近")("スライダー");
[x,y,z]

上位のレイヤーより【遠近】のパラメータの数値の分だけテキストのZ軸が前後するという設定です
image4

5.レイヤーの親子付け設定

テキストコンポジションをそれぞれcontrolに親ピックウィップします。
image8

6.コピーレイヤーを複製

コピーレイヤーを更に複製することによりZ軸の膨らみを増やしていきます。
今回は20回ほどコピーしましょう。
コピーを行った回数 × 【遠近】のパラメータ(今回は2) の分だけZ軸が膨らみます。
image5

7.【control】のパラメータを調整して角度や位置を変更

これで【control】レイヤーの位置、角度のパラメータを調整することにより3D化したテキストを動かすことができます。
image3


8.テキストを他の言語に差し替える

テキストコンポジション内の言語を入れ替えるだけで、
簡単に他の言語のデータも制作が行えます。

9.ここまで見て

ここまでの工程を見て、AfterEffectsの3Dレンダラー機能を使えば良いのでは・・・?
と思った方も多いと思います。
演出の内容や意図、作業環境によってはそれでも良いと思います。
ですが、3Dレンダラーは一部の機能が制限されるため、
用途によって使い分けていきましょう。

■CINEMA 4Dで制限される機能
image6

■レイトレース 3Dで制限される機能
image5

10.使用例

アニメーションやエフェクトを加筆した使用例です。
言語の切り替えは、コンポジションの中のテキストを入れ替えるだけでOKです。

おわりに

今回はサードパーティプラグインを使用しない3Dテキストについて解説しました。
同様の工程を行えば、テロップ演出だけにとどまらず、ロゴアニメーションなどにも応用していけます。

少しでも映像制作における演出の、お役にたてましたら幸いです。
今後も機会があればAfterEffectsの小ネタのような物を紹介できたらと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。